オージードル相場観

こんにちは、監督です。

今日は、オージードルの相場観について動画を撮ってみました。
(別ページに移動しました。)

何が言いたかったかというと、

長期足から短期足に落とし込む時の相場の見方です。

各時間足には秩序があります。

だからこそ、スキャルやデイトレなど長期足から短期足にチャートを移していく過程で、迷いが出ます。

今回のオージードルで言えば、長期ではダウントレンドですが、日足ではアップトレンドのレンジになっています。

セオリーでは、日足はアップトレンドなので、レンジ下限からロングですが、

月足、週足では、ダウントレンドなので、レンジ下限でロングを狙うと下に抜けそうに思うので、怖くてエントリー出来ないということになります。

では、どうすれば良いのかというと、

いつも言ってるように自分で決めるのです。

月足では、MA付近にローソク足が来ているのでそろそろ下げるかもしれない。

週足でも、MAを割ってきたので怪しいと思えば、日足レベルでレンジを抜けるまでオージードルはスルーする。

もしくは、いつかはレンジを下抜けするかもしれない。

下抜けした時には負けるかもしれないけど、それを覚悟で日足のレンジ下限でロングエントリーする。

どちらも間違いではありません。

どういうリスクを取るのかです。

前者は、エントリー回数は減るけど、勝率重視。

後者は、エントリー回数は増えるけど、勝率が前者より悪くなる。

利益がどちらが残るのかは、相場の状況によって変わってきます。

もちろん、前者と後者の間というのもあります。

あるところまでは、日足レンジ下限からのロングを狙うが、
あるところからは、レンジブレイクを待つ。

上記のどれでもOKです。

ただし、大事なことはそれを分かったうえでエントリーを行うという事です。

その為には、やはり長期から短期に落とし込むという作業が必要になってきます。

相場は、フラクタルです。

短期足を見た時に、長期足のどういう位置にいるのかも意識出来ていれば迷いが少なくなると思います。

慣れるまでは分かりにくいと思いますが、とにかく練習あるのみです。

私自身も、相場観の見方の動画をもう少し分かりやすくお伝え出来るように、工夫してみます。

次回以降の動画のクオリティーを上げる為にも、今回の動画でもう少しこうして欲しいなどの要望があればコメント下さい。

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。