「テクニカル」カテゴリーアーカイブ

順張りと逆張りは実は同じ?

こんにちは、監督です。

あなたは、順張り派?それとも、逆張り派?

トレードスタイルを考える時には悩む問題ですよね。
でも、実はこれ同じことだったりするんです。

『?』

ですよね(^-^;
それを今から説明していきますね。

まず、このチャートを見て下さい。

15m

 

アップトレンドなので、ここでのショートエントリーは、明らかに逆張りですよね。

では、次のチャート

4h

このチャートの矢印の場面は、ダウントレンドなのでショートエントリーは順張りです。

このように、アップトレンドなら順張りはロング、逆張りはショート。
ダウントレンドなら順張りはショート、逆張りはロングですよね。

ですが、実は、上の2つのチャートの矢印の部分は同じ場所なんです。
上のチャートは15分足、下のチャートは4時間足。

要するに、15分足で逆張りのショートだったのではなく、4時間足の順張りのショートの場面でした。

混乱しますよね(^-^;

ここで大切な事は、自分がどの時間軸で相場を捉えているのかです。
15分足を軸として考えているならば、逆張りです。
でも、4時間足を軸としているならば、順張りです。

この場面が順張り、逆張りどちらが正解というものではなく、
自分の軸があれば、どちらも正解。
そして、軸がなければ、どちらも間違いです。

説明されると簡単な事なんですが、意外に分かっていない事が多いです。
だから、日足のトレンドがアップトレンドで、4時間足がダウントレンド、1時間がダウントレンドのレンジなどと、各時間足でのトレンドがバラバラの時にどっち目線になれば良いのかが分からなくなるんです。
こんな時は自分の軸を信じて目線を固定する。
トレードで勝率100%はないので、目線を固定しても思惑通りにいかない時もあります。
その時は損切りすればだけ。
トータルで勝てれば良いんです。

是非、参考にしてみて下さいね(^^)/

動画も参考にどうぞ。

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


ローソク足を知ることで、チャートの見え方が変わる。

こんにちは、監督です。

今回は、ないがしろにされ易いローソク足について書いてみたいと思います。
是非、今回の記事でローソク足にかなり多くの情報があることを知ってもらえればと思います。

ローソク足には様々な形があり、その形には意味があるんです。
そして、ローソク足が複数になることでさらに意味が増し、
出現する位置によっても重要度が異なります。

コンサル生に、ローソク足の勉強会を行いましたが、
『目から鱗でした。』
と、評価がかなり高い勉強会のひとつになりました。

ローソク足自体の名称やその意味などは、
他の沢山のブログなどで紹介されているとは思いますが、
残念ながら、それを知ったからといって、実際のトレードには全然使えないことがほとんどです。
なぜかと言うと、ひとつひとつを深めようとせず、表面上の理解で終わってしまうからです。

だから、ほとんどの方はローソク足の勉強はちょっとはするんだけども、
あまり深めず、チャートパターンを重要視してしまいます。

でも、チャートには色々な情報が散りばめられており、その情報をいかに汲み取るのかが重要です。
確かに、チャートパターンは大切です。
でも、それを形成しているローソク足も大切なはずですよね。
このローソク足を理解していれば、エントリーを有利にすることが可能になったり、
損切り位置を浅くすることが出来たり、良い位置で決済が出来る可能性が高まります。

今回は特別に、コンサル生のセッション動画を一部だけ公開することにします。
全てではありませんが、この部分だけでもかなり重要なことを言っています。
(未公開部分はさらに重要な事を言っていますが(^-^;)

今回の動画でローソク足の重要性に気付き、興味を持ち、学習をしてもらえれば嬉しく思っています。
是非、参考にしてみて下さい(^^)/

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


相場の秩序とは?

こんにちは、監督です。

今回は相場の秩序について解説動画を撮りましたのでご覧下さい。

相場の秩序とは?

秩序とは規則性とも言い換えることが出来ます。

相場は、不規則に動くので難しいと言われますが、
この不規則の中に、規則性を見つけることが優位性を高めるポイントです。

トレードで大切な事は、仮説を立てる事です
その仮説を立てる根拠が規則性です。
規則性が分からなければ、仮説は立てられないですよね?

今回の動画では、
規則性があるとはどういうことか?
規則性が無いとはどういうことか?
なぜ、規則性を見付ける事が必要なのか?
規則性が無い時はどうするのか?
規則性を見つけるためのポイントは何か?
について解説しています。

是非、動画をご覧下さい。

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

 

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


水平線手前で折り返した時の対処法

こんにちは、監督です。

今日は良い質問をメールで頂いたので、その回答をシェアします。
良くあるパターンなので、凄く為になると思います。

【質問】
監督質問です!!
時間足でエントリーポイントを決めて、押し目を待っているとその手前で押し目を作る時、
もしくは狙っていたポイントを少しもぐって又戻ってきた場合、
流れにのってエントリーしてもいいんでしょうか?それとも、見送るべきでしょうか?
よろしくお願いします。

ライン手前で折り返した

【回答】
こんにちは。

下記の質問の件ですが、エントリーポイントというのはあくまで目安です。
勿論、ラインでばっちり効くのがベスト。
でも、手前で折り返しり、もぐったりするのは多々あります。
 
手前で折り返すパターンのものは、自分がどこまでリスクを負えるのかで決まります。
 
良くあるのが、ライン手前で折り返したのでエントリーしたけど、ロスカットになった。
でも、結局ラインまで到達してから思惑の方向に行った。
これは誰しもが経験があることですよね。
 
では、手前で折り返しそうなときに、どう考えるのかですが、
その考え方は以下の2パターンがあります。
 
①ロスカットになるリスクを少なくしたいのであれば、トレードチャンスを逃すけど、
  手前で折り返したものはエントリーしない。
②ロスカットになるかもしれないけど、そのリスクを負って、
   トレードチャンスを逃さずにエントリーする。
 
①②のどちらかに決めなければいけません。
 
①の場合はすべて見送りです。
 
②の場合であれば、リスク(何pips)負えるのかを考える。
そして、ロスカットになって思惑の方向に行ったときに再エントリーが出来る必要があります。
(トータルでプラスに持っていくという考え方)
 
 
潜ってきて戻ってきた場合は、チャンスだと思います。
騙しの可能性があります。
このパターンは私は好きですね。
先々週くらいによく見かけたパターンで、コンサル生と話をよくしましたし、
実際に利益にもなりました。
 
どれが正解というものは実はありません。
自分がどちらを選択するのか、リスクを負えるのかということです。
 
勝率を上げたいのなら、エントリーしない。
トレード回数を増やしたいのなら、リスクを負ってエントリーする。
どちらが、利益が残るのかです。
 
勿論、どちらでも方法次第で利益は出 ます。
これがトレードの難しいところです。
ただ、この考え方が大事です。
 
頑張ってください。
 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


合成通貨とは

こんにちは、監督です。

今日は、合成通貨について書いていこうと思います。

先日、コンサル生とLINEでやりとりをしている時に合成通貨の話になりました。

で、知っている方と知らない方がいたんですね。

勿論、知らないからダメなわけではないです。

ただ、使えなくても知っておくだけで、得する事もあります。

でも、知っている為に、頭が混乱する可能性もあります。

だから、「知っている。」=「使える。」ではないです。

しかし、相場と言うのはマネーゲームではなく、マネー戦争です。

お金の奪い合いですね。

力のあるものが、力のないものからお金を奪う。

まさに、合法的なカツアゲです(笑)

そこで、自分の身を守ってくれるのは『知識』です。

『知識』のないものは『死』です。

だからこそ、しっかりと自分を守るために、貪欲に学んでいく姿勢が大事なんですね。

前置きが長くなりましたが、合成通貨について話をしていきます。

ただ、今日は簡単な説明だけにしておきますね。

合成通貨と言うのは、

例えるならば、

クロス円と言われるものです。(勿論他にもあります。)

ユーロ円、ポンド円、オージー円など。

その中のユーロ円を解説すると、

ユーロドル × ドル円 = ユーロ円

という事です。

つまり、

ユーロドル↑ × ドル円↑ = ユーロ円↑(上昇幅大)

ユーロドル↓ × ドル円↓ = ユーロ円↓(下落幅大)

ユーロドル↓ × ドル円↑ = ユーロ円(強い方に引っ張られる。もしくは動かない。)

という事は、

合成通貨をトレードする時に、それを構成している通貨のチャートを見るとどちらに行くのが分かる可能性が出てきます。

と言っても、そんなに簡単ではないです。

ただし、損を減らせる可能性があります。

今回話に上がっていたのが、ポンド円なんですが、ポンド円でショートを打つ場所を狙っていました。

ただ、ドル円とポンドドルが上に行きそうだったので、私は多分ポンド円は上に抜けるかもと話していました。

で、上に抜けていきました。

勿論、ただの予想なので、下に行けばついて行くだけです。

でも、知っておけば納得もするし、ちょっとだけ予測が立ちます。

ユーロドルとユーロ円のチャートが似ていて、どちらをエントリーするのかもドル円がどうなっているのかを判断基準にすることもあります。

そして、ドル円とドルストのトレンドが逆の場合は、クロス円には手を出さないという判断もします。

これによって、利益をちょっと多めにしたり、損をちょっと減らしたりする工夫をしています。

勿論、考え過ぎて失敗する事もあります。

しかし、それを考えながら、長年経験を積んでいくと精度も少しずつ良くなってくると思います。

でも、考え過ぎて分からなくなったら、目の前のチャートだけで判断する方が良いでしょう。

自分の今の経験値や技量によって、これをどれくらい使いこなすのかは、異なってくると思います。

ですが、色んな事を知る努力をして、それを使えるように試行錯誤していくという過程が大切です。

一度、この機会に合成通貨について考えて頂けると嬉しいです(^^)/

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ