カテゴリー別アーカイブ: 勝つ為の条件

知っておきたい損切り位置の考え方

こんにちは、監督です。

今日は損切り位置について書いていこうと思います。
皆さんはどのように損切り位置を決めていますか?

損切り位置は悩みますよね。

出来るだけ損切りは小さくしたいので、エントリー位置から近い位置にする。
そうすると、刈られてから思惑の方向に行く。
それが悔しいので、大きめに損切り位置を設定すると、1回の損切りがかなり大きくなる。で、どうしたら良いんだ~~(涙)

となるわけです。

では、どうやって損切り位置を決めるのかですが、
答えは『自分が思い描いているプランが崩れたら損切り』です。

では、自分が思い描いているプランとは何でしょうか?
トレードを行う際には、まず、トレードプランを作ります。
そして、エントリータイミングが合えばエントリーをすることになりますが、
エントリーを行う際には、これからどのようなチャートを描いていって欲しいのかを想像していると思います。

その時に、最悪の理想を思い描いて欲しいのです。

最良の理想は、エントリーしてから一度もマイナス方向に進むことなく思惑の方向に行き利確になることだと思います。
最悪の理想とは、エントリー直後からマイナス方向に進むが、自分が耐えられるギリギリで反転し、最終的には利確にはなる。

このギリギリのラインを超えたところが損切り位置です。

では、そのラインをどのように決めれば良いのでしょうか?

それは、自分にどういう根拠があってエントリープランを作り、タイミングを計ったのか、そして、どこまでを狙っているのか、によって決まります。

例えば、トレンド転換後のエントリーだった場合は、
ダウ理論が崩れる位置にロスカットを入れるケースが多いのではないでしょうか?

もしくは、ローソク足のプライスアクションでエントリーする場合は、そのローソク足の下にロスカットを置く場合もありますよね。

他にもあると思いますが、損切りを中途半端な位置ではなく、このプランでこのラインを割ったらイメージと違うので、損切りをするという明確なイメージを持っているのかどうかです。
自分がどのように未来のチャートを思い描いているのかが明確であれば、どれも正解です。

それから、損切り位置を決める為に、もう一つ知っておく必要な事があります。
それは、損切り位置を近くにすることと、遠くにすることのメリットとデメリット
を理解していることです。
(※1トレードにおける許容損失額が同じとしているので、損切りの大きさにより、ロットを変動することを前提にしています。)

損切り位置が近い事のメリットとデメリットは、
ロットを大きく出来るので、目標値が近くてもリスクリワードを良くできる。
ただし、ロスカットになりやすい。

損切り位置が遠い事のメリットとデメリットは、
ロスカットにはかかりにくい。
が、ロットが小さくなるので、リスクリワードを良くするために目標値が遠くなる。

つまり、損切り位置が変われば、目標値が変わってくる可能性があるんです。
こういう様々な事を理解して、損切り位置の設定のルール作りを行います。
そうすることで、このタイミングの取り方では、損切り位置はここだけど、あのエントリータイミングでは損切り位置はここ。
という風に、エントリータイミングの違いで、損切り位置を変えることも出来るようになります。

つまり、損切り位置の『自分なりの根拠』が出来ます。
この根拠こそが大切です。
根拠がなければ、ただの思い付きです。
思い付きでトレードすると、損切り位置をトレード毎に変えたり、損切りにかかりそうになると、損切り位置をずらしてしまいます。

最初からは無理かもしれませんが、これを追求する為に日々色々なルール検証を行うことで、色々な発見が出来ると思います。

理想の損小利大のトレードは、高勝率を維持して、極力損切り位置を近くにして、利確位置を出来るだけ遠くにする事です。

理想のトレードは不可能かもしれませんが、理想に近付けるためには日々の行動しかありません。

最後に、損切りは悪いものというイメージを無くして下さい。
損切りをしたくない気持ちは分かりますが、その気持ちが強すぎると、
エントリーを躊躇しますし、また損切りをマイナス方向にずらしてしまい損失を大きくしてしまいます。
相場に勝率100%を求めるのではなく、トータルで勝つ事を意識してくださいね(^^)

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


どうしてチャートの波の基準が必要なのか?

こんにちは、監督です。

あなたはどの時間足でトレードしているのか本当に理解していますか?

こんな事は当たり前だと感じると思いますが、意外と出来ていないんです。

コーチングでは、単一時間足でチャートの波をどう読んでいくのかを解説し、理解出来るようにセッションを重ねていきます。

この時のチャートは4時間足のみで行うのですが、最初はコンサル生はほとんどの方が、4時間足の波を見ているはずがいつのまにか、日足になったり、1時間足になったりしてしまいます。

この原因は、波の大きさの基準が出来ていないからなんです。

この基準が出来ていないと、大きな波や小さな波がごちゃまぜになります。
大きな波は大きな時間足、小さな波は小さな時間足の波です。
まずは、この基準作りを行うことが重要です。

なぜそれが重要なのかというと、それが理解出来ていないと、今自分がどの時間足で何を狙っているのかが判断できないからです。

一番最初は、単一時間足で波の基準を作る事。
これが出来れば、どの時間足でもトレードすることが可能になってきます。

なぜなら、チャートの見方はどの時間足でも同じだからです。

違うのは、ローソク足1本が確定するまでの時間と、トレードするとなるとスプレッドの影響の大小でしょう。

長い時間足でのエントリーとなると、ローソク足1本が確定するまで時間が長くあり、多少エントリータイミングがずれても、リスクリワードに大きくは影響しませんし、スプレッドの影響も小さいです。

ただ、小さい時間足でのエントリーは、ローソク足1本が確定するまでの時間が短いので、少しエントリーが早すぎたり遅すぎたりするとリスクリワードに大きく影響します。そして、同様にスプレッドも大きな影響を与えます。
これがスキャルが難しいと言われるところです。

でも、スキャルでもデイトレでもスイングでもどのような場面を狙うのかは大きくは違いません。
なぜなら、チャートの見方はどの時間足でも同じだからです。

だからこそ、これを機会に本当に今自分自身が単一時間足で波を見る基準があるのか、そして、トレンド判定が出来ているのかを確認してみて下さい。

波を見る基準は、無料メールFX講座で分かり易く動画で解説していますので、是非登録してみて下さい(^^)/

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


FXで月間プラスを確信した瞬間

こんにちは、監督です。

今日もコンサル生と朝からセッションしていました(^^)

そのセッション中に、コンサル生が、
「今までもやもやしていたものがどんどん繋がってきました!!」
と報告してくれました。

どういう事かというと、
その方はトレードの知識をたくさんインプットしていて、分かってきたような感じがしていたんです。
実際トレードで月間プラスも達成していました。

でも、何か違和感があったんです。
その違和感を感じながら、意識しながら学習を続けていました。

そんな時に現在勝っている方達に話を聞いたり、勉強会を主催している仲間と話をしている中で、色んなヒントがあってそこからどんどん今までの知識が繋がっていき、違和感が何かが分かったようなんです。

そこで、冒頭の言葉が出てきたんですね。

トレードの学習をしていると必ず通る道です。
これは、トレードに限った話ではないとは思いますが、知らない状態から初めて、
大量のインプットをすると、分かったような感じがするんです。
でも、実際には分かっていない。

いや、正確に言うならある程度は分かっているけど、中途半端にしか分かっていないレベルですね。

そして、調子に乗ると、大きな失敗を起こして、そこで初めて自分が正確に理解していないことに気付き、そこから深く、正確に理解していこうとする。

良くある話です。

でも、大きな失敗をしてから、気付いてさらなる高みを目指せるのかどうかは、その方の性格と周りの環境により大きく変わります。

傲慢な性格の方は、失敗を環境や他人の責任にしてしまい、同じ結果を繰り返します。

そして、周りに話が出来る人がいなくても、自分がどのようにしたら良いのかが分からず、堂々巡りになってしまいます。

ここで、大切なのは謙虚であることと、分からない事や悩みなどを相談出来る仲間がいる事です。
そして、何より大切なのは解決のために『行動』することです。

このコンサル生は、謙虚で、仲間もいます。
何より、問題解決のために行動を起こしていました。

実際に何をしたのかというと、勝っている他のコンサル生の方にアドバイスを求めたり、
自分で勉強会を何度も開催したりしていました。

そうしていると、何気ない会話の中からヒントが飛び込んできます。
そのいくつかのヒントが今までの知識をどんどん繋げてくれたんですね。

その結果、トレードも内容も良くなっています。
そして、もやもやが解消された今、
「これまで月間プラスだったけど、今回の事でマイナスになることはないと思う。」
と心強い言葉も頂きました。

私自身、スポーツのコーチをしている時に「考える力」を重要視していました。
誰にでも壁にぶつかります。
その壁を乗り越えるためには色々な力が必要となります。
その力に私がなれれば良いし、私じゃなくても良いんです。
私以外の他のコーチだったり、両親だったり、先生だったり、友達だったり・・・。
何より、本人がその壁と立ち向かっていこうと思っていなければいけません。
常に問題意識を持ち続け、それを解決しようとしていると、ヒントに出会う確率はかなり高くなります。
その問題解決に必要な環境を整ることもコーチとして大切な役割だと思っていました。

今回の出来事で何よりも良かったと思えることは、
この方が次に新たな壁にぶつかったとしても、地力で解決し乗り越えていけると思えたところです。
なぜなら、トレーダーして生き残っていくために、一番必要なのは『考える力』があるかどうかだからです。

今、勝っているかどうかではないんです。
相場環境が変われば、今勝っている方の中で、負ける方が出てきます。
しかし、考える力があれば、それを乗り越えていけるのです。
この力を付けるためには、本質を知らなければいけません。
でも、それは面倒なんです。
簡単な当たり前の事をやるだけですが、労力も時間もかかるので、ほとんどの方はやりません。
当たり前の事を当たり前にする。これこそが最強なんですね。

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


FX経済指標発表時トレードはこうやろう!!

こんにちは、監督です。

皆さんは経済指標発表時にトレードしたことはありますか?

私は初心者時代にあります。
指標発表と同時に飛び乗り!!
勿論、ほとんど負けました(笑)
でも、数回勝った時がありましが、その時は、気持ちよかったですね~。
で、次回で必ず大きくやられるので、結局トータルマイナスでしたけど(;_;)
本当にギャンブルトレードでした。

そうしているうちに、こんなことしてちゃいかん!!
となって止めました。

根拠なくやっている方がいれば、今のうちに是非止めて下さいね。
これをやっている間はテクニカルで勝負するトレーダーにはなれませんよ。

ただし、今回はそんな大きく動く指標発表を上手く利用して、トレードするためのコツについて説明していきたいと思います。
大きな経済指標発表後は大きな流れが出来やすいので、その流れに乗りやすいとも言えます。

先週金曜日に重要指標発表と言われるアメリカ雇用統計の後のチャートを使い、説明した動画を撮りましたので、是非参考にしてみて下さい。

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


楽にロットを上げる方法

こんにちは、監督です。

色々な方からロットの上げ方に質問がありましたので、そのタイミングと方法について書いていきますね。

ロットの上げ方で良くあるのが、小ロットでやっていて、そろそろ大丈夫だと思ってロットを一気に上げる方法です。

これをやるとどうなるのかというと、例えば小ロットで利益をコツコツと積み上げて1万円出たとしましょう。
それで、一気にロットを上げて、1回の損失で2万円失う。

勿論、ロットを上げようと思ったということは、自分なりのトレード手法が固まってきて、勝てるようになったからだと思うので、1回の損失で2万円を失っても、トレードを積み重ねていけば、プラスにはなるはずです。

でも、実際にはここから崩れていくパターンがほとんどなんです。

そして、
『小ロットでは勝つけど、ロットを上げると負けるという図式』
が出来上がってしまうのです。

では、なぜそのような事が起こるのかというと、2つ理由があります。

まずは、損失額が許容出来ていると思っているけど、本心では思っておらず、トレード前にビビってしまい、いつもと同じようなトレードが出来ていない。

そして、損切りになった場合に、その損失額が本心で許容出来ていないので、その損失を根拠のないところで取り返しに行こうとしてしまう。
要するに、いつもと同じようなトレードが出来なくなる。

つまり、損失に耐えられずに、両方ともに自分のトレードが出来なくなることが理由です。

では、どのようにすればロットを楽に上げていけるのかを説明していきますね。

まず、タイミングですが、勿論小ロットで勝てるようになるのが最低条件です。
そして、その小ロットでコツコツと利益を積み上げていきます。

例えば、1回の利益が1000円だったとします。
そして、利益を積み上げて3万円の利益になったとします。

トレードルール通りにトレードすれば、勝てるという自信がつけば、
その利益3万円分を3分割します。
つまり、1万円です。

その1万円を許容損失額としてトレードを行うのです。
そうすると、リスクリワードが1:1だと仮定すると、
ロットは、小ロットの10倍になっています。

でも、ロットが10倍になったといっても、そんなにプレッシャーはないと思います。
なぜなら、その1万円は利益分だからです。
そして、3連敗さえしなければ、3万円はなくなりません。
勿論、3連敗して3万円がなくなれば、小ロットに戻ります。

上手く行けば、そのまま10倍のロットでトレードがスムーズに移行できます。
こういうロットを上げるプランを立ててトレードを行うことが重要です。
メンタルの事を考えなければ、勝てるようになれば単純にロットを上げて行けばよいのですが、そう上手くはいけません。

ほとんどの方が、ロットを上げた途端に負けだすのは理由があるのです。

上記の3万円とか3分割なのはあくまで例なので、自分の資金量、勝率、リスクリワードによって、自分なりのロットを上げるプランを作ってみて下さいね。

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

 

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ