執行時間足の決め方


こんにちは、監督です。

今日は執行時間足の決め方についてお話します。

皆さんは、どのようにして執行時間足を決めているのでしょうか?

多分、自分が好きなトレードスタイルによって決めている方が
ほとんどだと思います。

勿論、それで全然OKです。

ただ、今日はそれが本当に自分にとって良いのか、少し考えてもらえればと
思います。

 多分、このブログを見に来ている方々は
スキャルorデイトレの方が多いと思います。

そうなると、5分、15分足がメインになってくると思います。
(もちろん、1分や、1時間足の方もいると思いますが。)

良く「5分足と15分足はどちらが良いのでしょうか?」

と聞かれます。

その時には、「どっちでも、好きな方で良いよ。」と答えます。

訊ねた方は、私は基本は15分足なので、15分を勧められると思っているのでビックリします。

でも、これが本音です。

要は、自分が何をしたいかです。

例えば、レンジからレジスタンスラインをブレイクして、その押し目を狙う局面だとします。そこで短い時間足にチャートを切り替えます。

ある人は、5分足で反発したので、エントリーした。

ある人は、15分足で反発したので、エントリーした。

結果は、両方勝った。

『??』ならどっちでも良い?と思いますよね。

でも、これはエントリーしている場所が違います。
(勿論、同じようなところでのエントリーの時もあります。)

それに5分足では反発と思ったのに、反発せずに逆行することもあります。

 要するに、「ロスカットまでの幅とダマシ」の問題です。

5分足と15分足のどちらがロスカットの幅が広いのかは、
局面によって変わるので、一概に言えませんが、
時間足が短ければ短いほどダマシの発生の確率は高いです。

ただ、時間足が長くなればダマシの確率は少なくなりますが、相場がかなり進行していてもう入れない状況にもなってきます。

そのバランスが一番どれが良いのかを自分が探らなくてはいけません。

これがベストというのはありません。

『自分の中のベスト』を探す必要があるのです。

スキャルやデイトレでは、

「エントリーのポイントを絞りエントリーのタイミングを計る」

工程が必要になります。
さらに、タイミングを計る為にその局面になれば何時間かチャートを見続けていなければいけません。

でも、スイングや長期投資であれば、

「エントリーのポイントのみを絞り」

4時間に1回、1日1回チャートチェックするだけで、
あとは逆指値、もしくはIFOをいれておけば終わりです。
(ピラミッティングやトレーリング・ストップは別です。)

ただし、スイングなどは、エントリーチャンスが少ないので、
証拠金が少ない方は稼げる金額は少なくなりますし、経験積むにも時間がかかる。勝率が悪くなる。などの短所があります。

執行時間足が短くなれば、難易度が高くなり、手間がかかる。
でも、その分少ない資金を回転させて資金を増やしていける。
そして、経験を積める。

だからこそ、皆さんがスキャル・デイトレから入っていくのでしょうが、
何せ難しいのと、短期足で見ているとたくさん入れてしまうので、
資金も増えやすい分、負けると一気に減ってしまいます。

本当は、エントリーポイントだけ絞る練習をし、スイングから始め、
経験を積んだあとに、エントリータイミングを計る練習をしてから、
スキャルに進むのが理想的だと思います。

でも、皆さん待てないですよね(^_^;)

けれども、本当に待てませんか?
あと半年後とかに絶対稼がなければいけない、
とかでなければ、これでも良いのかな?と思います。

これは、自分の目標設定と人生設計によって変わってくるので、
どちらがいいとは言えません。

執行時間足を決めるということは、

『自分の人生設計と現在の環境、
 短期時間足の長所短所、長期時間足の長所短所

 を考え、『自分のベスト』を探しだすこと。』

ひょっとすると現在の執行時間足に固執する必要は無くなってきますよね。

他の人がどうとかではなく、自分がどうありたいのかで決めて下さいね。

これが自分軸です。

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?
今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


執行時間足の決め方」への4件のフィードバック

  1. FXにエントリするのに、自分の納得に従うことで手痛い経験を積み重ねます。
    色々な試練の果てに、安全に本の少しだけおこぼれを戴く、徹底した手法を編み出している人々が目立ちます。

    ポリンジャーバンドでの上昇トレンド・下降トレンド・ではナンピンで成功している人も知りました。
    ピボットが示す、過去チャートを進行中の判断に生かすことが出来ればと試しています。
    色々試すうちに塩漬けが増えても来ました。
    これ等を我慢することで欲に目指したトリード判断が難しいと想うようになっています。

    ロング・ショート・とも勢いに乗るしかないのですが勢いの切欠すら掴めない自分が情けない。
    どこかに自分流を探している最中です。
    よろしくお導きください。

    1. 大鳥さん、こんにちは。

      成功している方の手法は色々あるので、迷っていると思いますが、
      記事でも書きましたが、どの手法が良いのかは、自分で決めるしかありません。

      ある意味どの手法でも勝つ事は可能です。

      ただ、色々な手法に最初から手を出すと100%勝てません。
      それは、手法が良い悪いではなく、チャートを自分勝手に解釈し、エントリーの根拠をねつ造し始めるからです。

      色々な手法があった方が、短時間でトレード可能な場面を見つけられそうな気がしますが、ただの気のせいです。

      手法というか、トレードスタイルは自分の環境、性格、資金量、目標によって変わってきます。
      なので、これが良いというものはありません。

      ただし、自分がこういう風なトレードスタイルで行きたいと思うのであれば、それに見合った知識や具体的な手法などを
      探せばいいだけです。
      どういうトレードスタイルが良いのかが、分からない状況では何を探せば良いのかが分からなくなります。

      とりあえず、勝てれば何でも良いというのでは、勝てないです。

      まず、1つ決めてみる。そして、それをある程度の期間やってみて、自分に合わなければ変えればいいんです。
      でも、まず1つ決めないとそれが合っているのかどうかも分かりませんよね。

      それと、塩漬けをする癖は絶対になくした方が良いと思います。
      勿論、自分のルールで塩漬けにすることがあるのであれば良いと思います。
      自己責任ですし、塩漬けにしたいと思うのであれば止められませんが。。

      多分、塩漬けにしておいても、90%以上の確率でいつかは建値までは戻ってきます。
      勿論、何年、何十年かかるかもしれませんが。

      ただし、相場には一気に同方向に動く時があります。

      そうなったら、それまでどれだけ稼いでいても、一発でその利益を吹き飛ばします。
      要するに9999連勝しても、1つの負けで終わりです。

      これをしない為に、損切するのは嫌な気分ですが、やらなければいけないと自分のルールにしています。
      というか、エントリー直後に逆指値を入れていてますので、負けるときは勝手に負けます。

      話はもとに戻りますが、ボリバンが正しいのか、ピボットが良いのかではなく、
      自分の求めるトレードスタイルが何かが決まって、それにはボリバンを入れた方が分かり易いとか
      ピボット入れた方が良いとか、という順番の方が良いと思います。

      かなり、抽象的な回答になってしまいましたが、
      現在、大鳥さんはどういう方向に進んで行けばよいのかで悩まれていると思います。

      ただ、その方向性はある程度は自分で定めないといけません。

      ちょっとだけ具体的に言うと、

      トレンドフォーローかレンジのトレードか。
      スキャルかデイトレかスイングか?
      環境認識の時間足は?
      エントリータイミングの時間足は?
      1トレードで何pipsくらい取りたいのか?
      1か月でどれくらいの収益をあげたいのか?
      1回当たりの許容リスク(金額)は?
      リスクリワードはどれくらいが良いのか?
      勝率はどれくらいが良いのか?
      資金量はいくらか。
      など。

      最低限上記の事柄は考えておかなければいけないでしょう。

      これを機会に、ただ勝てれば何でも良いではなく、しっかり自分と向き合って下さい。

      トレードで勝てるようになる為には、自分と向き合うという作業を一生し続けなければいけません。

      なぜ、9割の人が負けるのかは、9割の人が自分と向き合えないからです。
      相場が難しいのではありません、自分と向き合うのが難しいのです。

      まずは、考えてみて下さい。

      ありがとうございましたm(__)m

  2. 過去チャートを見ることで、最初から最後まで取りたい衝動から離れることが出来ません。
    FXで成功している人達は相場の天地の一部だけを抜き取っているようです。

    失敗そしてまた失敗を繰り返す内に発見した手法であることはなんとなくわかる心境に近づいています。

    何種類かのインジケーターを定番としてエントリーできればいいのですが
    自分の気持ちをとことん打ち砕く試練を積みながら体が覚えるヒントを探しています。
    今後のご指導をお願いします。
    大鳥昇一

    1. 大鳥さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      FXで勝っている人のトレードは様々です。
      天地を取っている人もいますし、一部だけの人もいます。
      大事なのはどういう考え方で、そういうトレードをしているのかということです。
      要するに大事なのは、トータルでプラスにすることなので、どういう風にプラスにするのかを
      考えて、その結果どういうトレードスタイルになるのかが決まります。

      インジケーターを何種類も使ってトレードしているのをYouTube等動画でよく見ますが、
      勝っている人は、何の為にそのインジケータを使っているのかを分かって使っています。
      勝てない人は、そのインジケータを使えば勝てると考えます。
      だから、インジケータでサインが出ればエントリーして負けるんですね。
      その思考では負けます。

      自分はどういうトレードスタイルが良いのか、その為に必要なインジケータはあるのか、必要ないのか。
      そこをもっと考える必要があると思います。

      ほとんどの方はここが分からないので、考えるのをやめてとりあえずエントリーしちゃいますが^^;

      頑張って下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。