エントリータイミングとは?

こんにちは、監督です。

今日は、エントリータイミングについて質問が来たので、それについて書いてみたいと思います。

エントリータイミングって何でしょうか?

これは、ボタンをクリックするタイミングの事です。

勿論、エントリーのポイントがそもそも間違えている人は論外です。
まず、タイミングの前にポイントを絞る練習をして下さい。
よく間違えているのは、エントリータイミングだけしか考えていない人がいますが、それでは絶対に勝ち続けることは出来ません。

さて、エントリータイミングを他の言葉で表すと、「手法」になります。

これは色々なサイトで、商材として売られていますよね。

ほとんどのサイトで販売されているのが、「手法」すなわち「エントリータイミング」を計るものです。

(勿論、きちんと環境認識も含まれている教材もありますよ。)

手法はたくさんあります。

じゃあ、どの手法が良い手法なのでしょうか?

答えは

 

「何でも良い。」

 

「え!?」

って思ったでしょう。

でも、事実です。

要するにここに答えを求めると、商材ジブシーに陥ります。

勝てないと、手法が悪い。

他に良い手法がないかと。

で、商材サイトは煽りますよね。

「この手法は勝率〇〇%」「月〇〇pips獲得」などなど。

で、鵜呑みにしちゃう。

そんなんで勝てたら、ほとんど勝ち組でしょ。

誰でも分かっているのに、希望を求めて買ってしまう。

で、玉砕。

「やっぱりダメだったか~。」

 

じゃあ、どうするのか。

の前にどうしたいのかを考えて下さい。

勝率が高い方が良いのか。

STはどれくらい許容出来る?

などなど。

やはり、勝率が高いのが良いのであれば、色々確認をしてエントリーになるので、エントリーのタイミングが遅れます。
ということは、STが広くなります。

勝率が悪くても良いから、ST狭くリスクリワードが大きく取りたいのであれば、出来るだけ早めにエントリーして、ダメならサクッと損切りすることになります。
ただし、この方法は損切りを躊躇なく出来、連敗もあるので、それに耐えられるメンタルが必要です。

勿論、タイミングの取り方はこの2つの方法の間もあるでしょう。

これは無限にありますから、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

「自分に合ったのはどれなのか分かんないよ~。」

って方、多分簡単なタイミングの取り方はほとんどの方は知識があると思います。

無料で手に入るような簡単なもので全然大丈夫です。

勿論、特殊なものもありますけどね。

知っているタイミングの取り方で、トレードして勝てない人は、そもそものエントリーポイントが間違えています。

唯一、答えを書いておきますね。

「エントリータイミングを決めて、それを守る。それ以外はやらない。」

簡単でしょ。

でも、95%の人が出来ないんですよ。

これがFXの難しい所以です。

①エントリータイミングを決める。(何でも良い。)

②そのルールを守る。

③そのルール以外はやらない。捨てる。

こんな簡単な事で大丈夫なの?

って思うと思いますが、騙されたと思って、これで検証してみて下さい。

何かが見えてくるはずです。

今日も書き過ぎだな^^;

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


エントリータイミングとは?」への4件のフィードバック

  1. なるほど。。。
    その手法をどういった場所で使うのかみたいのことを考えたらいいのですか?

    ただ闇雲にやっていても、あかんのですよね。

    1. けんたろう。さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      手法は、使う場所が大事です。
      ほとんどの商材はこれを教えてくれないので、手法を教えてもらっても勝てないんです。
      だから、手法も大事なんですが、ポイントを絞る方がもっと大事です。
      その絞ったところで、どのタイミングでボタンを押すのかを決めるのが、手法です。
      根拠のあるポイントで、決めた手法でエントリーする。
      それで出てきた勝率やリスクリワードが意味があるのです。
      それで結果が悪ければ、エントリーポイントの検証、手法の検証をして再構築すれば良いだけ。
      まずは、ひとつの手法でやるのが良いですよ。
      色々やると絶対失敗します。
      ひとつ出来たら2つ、3つと増やしてください。
      遠回りのようですが、これが近道です。
      皆、必ず遠回りしますが(笑)
      わたしも、遠回り派でした。

      では、頑張って下さい。
      ありがとうございました。

  2. 監督

    エントリータイミング記事にしていただきありがとうございます

    誰もが通る道なんでしょうが、
    方向はあってるのにエントリー後、損切りにひっかかったあとに
    自分の予定した方向にガッツリ落ちていくとか

    MAまで引きつけようと思ったらいってしまって乗り遅れたとか
    そんなことが結構あるので悩んでいました。

    水平線を基準としてブレイクか反発をきっかけにトレード開始という
    おそらく監督に近い感じのトレードかと思います。
    日足、4時間、1時間足で目標ポイント決めて 15分、5分でタイミングを計ってます。

    基本トレンドフォローで逆張りせずに起点はスルーして時点を狙うイメージでエリオット波動の3波狙いが自分の好きなパターン

    いくつものエントリータイミングを使い分けようとしていたのでありがたいアドバイスでした。ありがとうございます。

    ちょっと監督のFT2の動画見直して基本となるエントリータイミングの候補を見つけて
    FT2で検証しようと思います。
    アドバイスありがとうございました。
    あいかわらずの長文で失礼します

    ブログ順位はやくあがりますように^ヾ☆   ヾヽ( -^ #)

    1. りおんさん、こんにちは。

      日足、4時間でエントリーポイントを絞り込んで、エントリータイミングを15分で取るのは同じですね。

      ただ、気になることが少しだけ、損切後に思惑の方向に行くということですが、
      損切位置は正しく出来ているでしょうか?
      もし、その位置が正しくて、かかってしまえば仕方がない。
      でも、その位置が正しくないのであれば、位置を修正しなくてはいけません。

      あと、MAまで引きつけようと思ったら、乗り遅れるということですが、
      もし、MAまで引きつけるというルールであればそこまで待つのもありです。
      もし、MAの前に行ってしまえば諦める。
      全部追っかけようとするから、振り回される。
      こういうところも、きちんと自分なりのルールを持った方が良いですね。
      勿論、細かくすればするほど、エントリー出来ない事も多々出てきますが、それは仕方ないと思います。
      それを割り切れるかどうか。
      そして、もっと良いルールを常に検証してみる。
      検証せずにリアルはダメですよ。

      ちなみに、以前のFT2動画のエントリータイミングと今のわたしのタイミングの取り方は少し変えました^^;
      大まかには変わっていませんが、もっとシンプルにしました。
      で、検証中なのは、もっとシンプルです。

      頑張って下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。