目線を固定する


こんにちは、監督です。

皆さん、トレードしたらことごとく逆行したという経験はありませんか?

私はあります。

最高確か15連敗だったかな(^^;

最後の方はもう意地になっていました。

ルールとは無縁のむちゃくちゃトレード。

でも、最初の方はちゃんとやっていたつもりだったんです。

ところが、エントリーしたらなぜか逆にいっちゃうんですよね。

しかも、理由が分からない。

無い頭を振り絞って考えて、エントリーしているはずなのに。

しかも、1日で15連敗です(-_-;)

さすがに最後の方には、損切した時に後ろを振り返りましたね。

誰か見てるのか?って(笑)

こんな経験は皆さんあるでしょうか。

ここまではないかもしれませんが、これに近い経験ならあるのではないでしょうか?

 

さて、なぜこういう事が起こったと思いますか?

それは、目先の値動きに翻弄されていたんですね。

当時も今と同じようにエントリーのタイミングは15分で計っていましたし、
4時間足で環境認識をしていました。

ところが、1日の中で目線がロングになったり、ショートになったりしていたんです。

4時間足で環境認識していたら1日でローソク足がMAXで6本ですよ。

そんなんで、買い目線になったり売り目線になったり頻繁にするはずがないじゃないですか。

要するに、4時間足で環境認識していたつもりになっていたんです。

結局、15分足の値動きでトレードをしていたということなんです。

だから、ローソク足が上に行ったらロング。

下に行ったらショート。

ちょっと下髭付けたらロング。

ダブルトップのネックライン抜けたらショート。

MAを下に抜けたからショート。

などなど、本当に間抜けなトレードのオンパレードです。

今は笑い話ですが、当時はかなり真面目にやってました。

それで、「なぜだ~~~~~~~。」って叫んでました(^^;

 

私の上の経験で分かるように、このようなトレードをしていては絶対に勝てません。

不思議なくらい勝てないんです。

ロングとショートしかないので、勝率50%のはずが、100%に近い確率で負けます

不思議ですよね。

でも、これが相場の世界なんです。

優秀なトレーダーが、真剣にお金の取り合いをやっている、

「マネーゲーム」ではなく『マネー戦争』

をやっている訳ですから、簡単に勝たせてもらえるはずがないんです。

ただ、参加するのが簡単なだけ。

この中に丸腰で観光気分で飛び込んで、無事に済むわけないじゃないですか。

そう考えると、100%に近い確率で負けるのも頷けます。

でも、その中で、勝てる確率を上げる方法があります。

それは、

『目線を固定する。』

という事です。

特に、4時間足で環境認識しているわけなので、そのトレンド方向にエントリーすれば勝てる確率は上がります。

当然ですよね。

例えば、4時間足でアップトレンドならば、ショートは捨てるんです。

ロングだけを狙う。

そして、ロングが狙えるタイミングでエントリーをする。

そうすれば、確率100%の負けから、かなり改善されるはずです。

この捨てるという技術が、負けないトレードをする上でとても大事になってくるので気にしてみて下さい。

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。