ファンダメンタルズ

こんにちは、監督です。

今日はファンダメンタルズについての説明をしていきます。

ただし、「ファンダメンタルズとはこういうものだ。」というものではなく、
どういう風に活用するのかという視点で書いていきたいと思います。

私は、テクニカルを重視してトレードを行っています。

ですから、あくまで、テクニカルを生かすためのファンダメンタルズでなければいけません。

勿論、ファンダメンタルズを重視してトレードする事も大事だし、それを重視して勝っているトレーダーもいると思いますが、

今回はあくまで、個人的にテクニカルを重視してトレードをしている方限定で進めて行きます。

私は、大まかにトレード時間をまず把握しています。

・東京時間(午前9時~午後5時)

・ロンドン時間(午後6時~午前2時くらい)
※サマータイムは1時間早くなる。

・ニューヨーク時間(午後11時~午前7時くらい)
※サマータイムは1時間早くなる。

この3つの時間帯です。

そして、それぞれに特徴があるので、ざっくりと説明すると

・東京時間・・・トレンドレス相場、(レンジになりやすい。)

・ロンドン時間・・・トレンド相場

・ニューヨーク時間・・・指標発表が多い為、新しい流れが起こり易い。

勿論、例外の日もあると思いますが、ざっくりこういう風に捉えています。

なぜ、そういう風になるのかと言うと、単純に参加人数の数です。

東京時間は、参加者が少ないので、レンジブレイクするだけのパワー(資金)が足りない。

そこで、ロンドン時間になり、欧州勢が入って来て、参加者が多くなり、東京時間で形成したレンジを資金が入ることにより、一気に突き破り、トレンドが発生する。

そして、ニューヨーク時間で指標が発表され、新たな流れが出来て、欧州勢と米国勢という最大の参加者が入り、そこに一気に資金を入れていく。

そして、東京時間に戻りまた、レンジを形成する。

このような一連の流れが毎日のように繰り返されています。

もちろん、必ず毎日そうなっているのかと言えば、そうでない時もあります。

それは、どういう時かというと、

例えば、

アベノミクス相場の時は、東京時間もトレンドを形成していました。

現在は、ギリシャ問題やロシア問題で欧州で話題があります。

そういう、旬な話題があるところに、お金が入っていくので、トレンドが出やすい時間帯や通貨が発生しています。

私たちが気にしておくべきことは、時間帯によって流れがあるという事と、現在の世界情勢で、どの地域が旬なのかを知ることです。

それによって、今は通常の流れなのか、ちょっとイレギュラーな流れなのかの把握が出来ます。

そして、何時ごろに重要な指標発表があるのかを知っておくことも大事です。

そうする事によって、利益を簡単に取れる時間帯があったり、損失を免れたりする事が可能になってきます。

とにかく、負けないようにトレードをする。

その為に、使えるものは全て使いましょう。

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。