良い負け方って何?


こんにちは、監督です。

先日の記事で、『良い勝ち方』を書きました。

『良い勝ち方』=『良い負け方』でしたよね。

じゃあ、良い負け方って何?って思った方がたくさんいると思います。

私も昔は、これがよく分からない為に、迷路に入っちゃうし、自分のトレードに自信が持てなくなるんですよね。

例えば、負けたとしても、『これは仕方ない負け!!』って自信もって言えれば、
負けても苦痛じゃない。

でも、ほとんど、これが「良い負け」なのか、「悪い負け」なのかが分からない。

だから、連敗すると精神が不安定になり、自分の手法を信じられなくなる。

こんな状態だから、勝っていても常に不安。

これだと、いくら利益を積み上げていても、常に不安と隣合わせだから、専業なんてとてもじゃないけど無理。

じゃあ、どうやれば、「良い負け」が分かるようになるのかというと、

自分がどういうトレードがしたい?
自分の狙うエントリーポイントはどこか?
エントリータイミングは?
損切位置は?
利確のポイントは?

つまり、どういうトレードで勝ちたいのかをハッキリとさせる。

ハッキリとは、超具体的にですよ。

前に言ったことが、あると思いますが、

要するに『超具体的なマイルールを作る事なんです。

検証の結果、優位性の高いと分かった訳ですから、
それを信じてあとは、エントリーサインが出れば、エントリーするだけ。

ただ、優位性が高いだけであって、絶対に勝てることはないので、
そこでエントリーして、負ければ仕方ない。

そうなれば、チキン利食いも、感情損切も無くなってきます。

私の場合は、エントリー後にどうしても感情で切りたくなるので、損切の位置に逆指値注文を入れて絶対に動かしません。

そういうルールを作っています。

自分の理想の勝ちトレードがイメージ出来るようになると、良い負け方が分かってきます。

勝ち方が分かるようになると、良い負けが分かるようになり、不安が無くなる。

こういうサイクルを作れれば、自分のトレードが崩れることはありません。

ちょっと考えてみて下さい。

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。