環境認識の時間足の決め方とは


2014年7月31日(木)の環境認識動画

こんにちは、監督です。

今日は環境認識の時間足の話をしていきます。

前回にトレードスタイルを決める方法を書きました。
⇒トレードスタイルを決める5項目とは・・・

決まりましたか?

今日は、そのトレードスタイルでトレードを行うに当たり、
自分がどの時間足で環境認識をすれば良いのかを話していこうと思います。

まずは、どの時間足でエントリーを執行したいのかを決めます。

スイングなら4時間足を見てエントリー。

デイトレなら15分足を見てエントリーなど。

どの時間足でも構いません。

スキャルで1分足でエントリーでもOKです。

 

この際に、私が意識しているのは、

『環境認識時間足=執行時間足×15~20倍くらい』

が丁度良いと思っています。

 

なぜかというと、私は4時間足をメインの環境認識に使っていて、
15分足をメインの執行時間足にしています。

その時に、4時間足で反転するエントリーポイントがあって、
そこで15分足に落とし込んでエントリー出来る形を待ちます。

もちろん、状況にもよりますが、5分足ではダマシが頻発しますし、
30分足以上では、エントリー出来る形が出来るのを待っていたら、
もうその時点でかなり値動きがあってもう値幅が狙えません。

この考え方で他の時間足でのエントリーを模索していた時に、
丁度この倍率くらいが良い事に気付いたんです。

1分足執行=15分足環境認識

5分足執行=1時間足環境認識

15分足執行=4時間足環境認識

30分足or1時間足執行=日足環境認識

4時間足執行=週足環境認識

勿論、これはメインの執行と環境認識であって、他を見ないということではありません。

そして、これはあくまで、私の主観なので、他にももっと良い考え方があるとは思います。

ただし、前回も言ったように、執行時間足が短ければ難易度は高くなっていくのを忘れないようにして下さいね。

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


環境認識の時間足の決め方とは」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。 
    サイクルを 具体的に実行レベル落とし込んだ形に感じました。
    4時間足 1本期間の高値 安値の波を 見るには、
    15分足 15本から 20本の波で、表れやすい。つまり、 
    15分足の 15本から20本期間での ダウが 上昇ダウならば、
    4時間足が 陽線1本になる。 という事でしょうか?
    1時間足 1本の内部の ダウを見て 波に乗るには、
    5分足か、3分足の15本から20本期間の ダウを 見ると 乗りやすいという事になりますね。 
    15分足では、1時間足の中のスウィング (ダウ)を捉えるには、大きかったんですね。
    ただ、1時間足1本の 中の波を 捉えるトレードを するか??
    という 選択が どうか?? 
    長々 書いてしないました。 読んでいただき ありがとうございます。

    1. SERIさん、こんにちは。
      環境認識の時間足と執行時間足の関係は、監督流なのでこれが正解というものでもありません。
      自分がどの足を基準に環境認識をしたときに、執行時間足がどれがしっくりくるのかを
      自分で探る作業も必要です。
      私も、基本は環境認識4時間足ですが、日足も確認しますし、
      執行時間足もメインは15分足ですが、5分の時もあります。
      これはケースバイケースなので中々説明が出来ないのが本当のところです。
      あくまで、環境認識と執行時間足の関係について、このように考えていますという紹介です。
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。