3M(資金管理~その1~)

2014年7月11日(金)の環境認識動画

 

今回は、3Mの資金管理(Money)について解説していきたいと思います。

資金管理は色々ありますが、今回は私が勝つ為に超重要だと感じている2点だけ取り上げます。

1日のトータル損失額を決める

わたしは、最大総資産の5%を1日で損失になれば、その日は強制終了です。
これは、ルールです。
大きく負けた時は、悔しいからどうしても取り返したいと思ってしまいます。
そういう気持ちでトレードするとだいたい負けます。
負ければまた取り返しにいき、熱くなり、一気に利益を吐き出します。

そうなるのは、なぜでしょう?

それは、感情でトレードしているからです。

トレードに感情は禁物です。

相場は無くなりません、きちんと気持ちを整えてから再度取り組みましょう。

 

1ドレードの損失額を決めていますか?

これが、トレードで勝つ為に凄く大事にしているものです。

1トレードの損失額は、総資産の1~2%がいいでしょう。
最適なのはやはり1%

3回連続で損切りになっても、メンタルが崩れないくらいが良いですね。

1%というと、少ないように感じますが、複利で増やせていくので、1年後は凄く大金金額になっているはずです。
目先に囚われないようにして下さいね。

さて、ここからが本題。

エントリー時には、損切りライン、利確ラインを決めていると思います。
(エントリーしてから決めてちゃダメですよ。)

その時に、1トレードでの損失額を損切りラインまでのpipsで割った数字をエントリーするロットにして下さい。

ということは、トレード毎にロットが異なるということです。

もっと分かりやすく言えば、
「負ける金額を固定する」
ということです。

なぜ、そんなことをするのかというと、基準が曖昧になってくるからです。

皆さんの目的は何でしょうか?
そう、「お金を稼ぐ」事ですよね。

それが、いつしかpipsを取りにいってませんか?
今日は20pips勝ったとか、15pips負けたとか。
それが、勝てない原因です。

例えば、

資金1000万円でトレードをするとします。
毎回ロットは100万通貨。

1回目のトレードでロスカットラインが25pips、利確ラインが25pipsだとします。
今回は利確で25pips=25万円勝ち。

2回目のトレードでロスカットラインが40pips、利確ラインが40pips
今回は損切りでー40pips=40万円負け。

トータルで15万円の負けです。

 

次に、負けの金額を一定にするトレードをすると、

1回の許容損失額1%は10万円。

同じ条件のトレードをすると、

1回目はロスカットラインが25pipsだから、ロットは40万通貨です。
利確で、25pips=10万円の勝ち。

2回目はロスカットラインが40pipsだから、ロットは25万通貨です。
損切りで、-40pips=ー10万円

トータルでプラスマイナスゼロです。

 

この違いが分かるでしょうか?

勝率50%で同じ、リスクリワードも同じ。でも、損益が違います

ここに圧倒的な差が出来てきます。

同じロットで勝負するのも間違いではないです。
それで実際に勝たれている方もいます。

でも、それは勝率が高く、リスクリワードが高いという洗練されたトレードが出来る方のみです。

初心者が最初から出来るわけがありません。

初心者が目指すのは、勝率50%で、リスクリワード1.2以上のトレードです。
これが出来れば常勝トレーダーの仲間入りです。

相場は基本、上か下かを当てるだけなので、勝率50%です。

だから、勝率50%はそんなに難しくないです。

これを最初から80%以上目指すから出来なくなるんです。
80%以上なんて超スーパートレーダーですよ。

まずは、勝率50%をクリアして、常勝トレーダーになってから、次は60%、70%と目指せばいいんではないんでしょうか?

pipsを取りに行くのを止めましょう!

「お金を稼ぐ」為にトレードをしましょう!!

これが分かっているだけで、気分も楽になるし、
トレード毎に資産の累積が圧倒的に違いますよ。

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。