自分流FXトレード戦略を立てよう


こんにちは、監督です。

前回までの記事で、環境認識の時間足まで決まりましたね。
(⇒環境認識の時間足の決め方とは)

では、今回は、自分にあったトレード戦略を立ててみましょう。

 

ただ、その前にあなたは、『戦略』ってどういう意味か、ご存知でしょうか?

 

以外に知らない方多いんです。

ネットで調べてみても、しっくりいく答えがなかなかないですよ。

そして、『戦略』とセットになっているのが、『戦術』ですよね。

 

この意味の違いをまずは知ることから始めましょう。

『戦略』・・・どこを攻めるのか決める。

『戦術』・・・どう攻めるのかを決める。

 

かなり、ざっくりですが、おおよそこんな感じです。

本来は、もっと深い意味があるんでしょうが、こういうイメージを持っているだけで十分です。

もっと簡単にいうと、

『戦略』=場所

『戦術』=方法

です。

 

例えば、どこかの国で戦争が起こっているとします。

その国に勝つ為には、まず勝つ確率が高い方法を考えますよね。

どこの場所を攻めれば勝つ確率が上がるのかを決めます。(戦略)
(どこの都市を攻撃するのか?もしくは、食料のあるところを攻撃するのか?等)

次は、その場所を何で攻めるのかを決めます。(戦術)
(空から?海から?陸から?)

そうやって、勝てる方策を考えて実行に移していくわけです。

むやみやたらに攻撃しても絶対に勝てないです。

何となくイメージはついたでしょうか?

 

では、『戦術』と『戦略』をFXに置き換えるとどうなるのかというと、

例)
『戦略』=4時間足のトレンドが出た時に、4時間足の押し目や戻りを狙う。
『戦術』=4時間の押し目は、15分足が4時間足とトレンドが同じになればエントリーする。

もしくは、

『戦略』=4時間足のレンジ時に、レンジの上限もしくは、下限を狙う。
『戦術』=15分足が4時間足のサポートラインかレジスタンスラインにタッチすればエントリーする。

という風に、『戦略』が決まれば、『戦術』も決まってきます。

恐らく、現在勝てない人の大半は、戦略を決めずに、戦術だけでトレードをしてしまっている事が多いです。

こうなると、勝ち負けが、ただの結果論になります。

その時は、勝てるかもしれませんが、なぜ勝てたのか、負けたのかが分からず、

結局は運任せのトレードになります。

勝つ為には、当たり前ですが、自分なりの『戦略』と『戦術』は必須です。

FXも戦争です。

そう、マネー戦争なんです。

世の中の天才達が、競っている世界です。

その中で、利益を得ようとしているわけなので、『戦略』と『戦術』が無く勝てる程甘くないですよ。

勿論、途中で『戦略』と『戦術』は変わっても良いです。

というか、変わるのが当たり前です。

そして、それが徐々に自分なりのものに近づいていくのです。

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。