決済で損小利大にするためにFXプロスペクト理論を知ろう!!

こんにちは、監督です。

今日は『決済』についての話です。

決済とは、2つの意味があります。

  1. 損切り
  2. 利益確定

この2つのスキルを上げることが、利益をたくさん残すことに繋がります。
では、どのようにしてスキルを上げればよいのでしょうか?

それは、『プロスペクト理論を理解すること』が大切になります。

なぜ、その理論を理解することが決済のスキルアップに繋がるのかというと、
『理性で感情を抑え込むため』です。
本能は強いですからね。
その強い本能を抑え込むためには、自分で納得するような知識と理解が不可欠です。

では、プロスペクト理論を知る為にある実験結果を紹介します。

不特定多数の人に以下の2つの質問を投げかけました。
(第1問)

  1. 必ず500万円もらえる。
  2. 1000万円もらえますが、50%の確立で何ももらえない。

(第2問)

  1. 必ず500円支払う。
  2. 1000万円支払わなければいけないが、50%の確立で一切支払わなくてもよい。

そうすると、このような実験結果が出ました。(第1問)A、(第2問)Bです。
でも、数学的に考えると正解は反対です。

この実験結果から人間はどのような心理になるのかというと、
第1問では、人は目の前の利益を確実に得る。
第2問では、人は損失を出したくないので、損失を回避しようとする。
ということが分かりました。

これと同じことがトレードでも起こってしまいます。
エントリーして、利益が出たらそれを早く決済して、損をしたくないと感じるのです。
そして、エントリー後に含み損が出ると、出来るだけ建値に戻るまで待とうとします。

つまり、感情が自分を支配しているでトレードをすると自然に損大利小になるので
ところが、その理屈が分かっていると、理性が働き、感情に支配されないようにします。
そうすると、その反対の行動をとることが出来るのです。

あなたもトレードをしている時に、エントリー後に利益になったり含み損になったりすると思います。
その時に自分の感情がどう揺れ動いているのかを感じてみて下さい。
それを感じることが出来たら、理性でコントロールが出来るはずです。
トレードは普通にやれば、本能で必ず負けるようになっているのです。
トレードがなかなか勝てないという理由はこんなところにもあったのです。

だからこそ、勝ち続けるためには手法どうこうの前に、ここを必ず理解しておくことが必要になります。
是非、今日のトレードから意識してみて下さい。

⇒FXでのプロスペクト理論の克服方法とは

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

 

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


決済で損小利大にするためにFXプロスペクト理論を知ろう!!」への2件のフィードバック

  1. はじめまして

     いつも環境認識や、質問へのご回答などが大変参考になっています。ありがとうございます。

     このプロスペクト理論を克服することがいかに大変かと思い、苦労しています。
     最近3連敗ほどしたのですが、そのあとトレードするべきところで恐怖心からポジションが取れなくなってしまいました。

     あとでチャートを見てみれば、5つあったそのポイントすべてでトレードしていたら利益になっていました…
     悔しかったです。

     連敗した時の心理的ショックがこれほどのものとは思っていませんでした。
    過去チャートの検証も十分やっていますし、まさかこれほどの影響が出るとは。

     これを克服するのはやはり、プロスペクト理論への理解を深めることと、過去検証、そして慣れていくことしかないのでしょうか?

     ご教示いただけると幸いです。

    1. まーちゃん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      プロスペクト理論の克服で苦労しているみたいですね。
      でも、安心してください。それはトレーダーならば全員通る道です。
      手法は間違っていないことは、その後の検証で分かっているはずです。
      ということは、プロスペクト理論の克服さえ出来れば良いのです。
      勝てるトレーダーになるためには、プロスペクト理論の克服をする必要がある。
      その問題点が分かったことは収穫です。

      では、それをどのように克服するのか。
      それは、自分自身を振り返る必要があります。

      「最近3連敗ほどしたのですが、そのあとトレードするべきところで恐怖心からポジションが取れなくなってしまいました。」

      とありますよね。
      このことについて真剣に考えましょう。

      まず、3連敗というのは、どれくらい深刻なのでしょうか?
      まーちゃんは通常どれくらいのリスクリワードと勝率のトレードを
      目指しているのか分からないので、具体的には言えませんが、
      計算式は分かりませんが、3連敗は勝率7割でも普通にあります。
      勝率9割以上ならそんなにないかもしれません。
      3連敗というのは普通にあるレベルです。
      3連敗に耐えられないようなら、ロットを落としましょう。資金管理が悪いです。

      そして、「恐怖心からポジションを持てなくなった」事についてですが、
      この恐怖心はどこから来ているのでしょうか?
      感情ですよね。
      この感情が働いていることは、プロスペクト理論通りです。
      問題はその感情が出たときに、自分がその感情が出てきたことが理解できたのかどうかです。

      本能は、最強です。
      抑えても油断をすれば出てきます。
      それをどう理性でコントロールするのかが大事です。

      理性でコントロールする方法は、
      ①今現在、本能が出てきているのかを理解する。
      ②トレードとは、理性で行うことが勝つために必要であると理解する。
      ③優位性のある手法を持っている。
      ④感情を理性でコントロールし、優位性のある手法でトレードを執行する。
      ⑤負ければ仕方ないと諦め、次のトレードに向けてトレードプランを作成する。

      まずは、優位性のある手法であることは絶対的に必要です。
      そして、それを信じる心を持つためにたくさんの検証が必要です。

      さらに、どんなに優秀な手法でも勝率100%は無いことを理解する。

      どれくらい負けが続けば、いったんトレードを止め、なぜそうなったのかを
      検証するというルールを付け加える。
      どれくらい負けが続けば=どれくらいの勝率の手法なのかによって異なる。

      なぜ、こういう考え方が出来るのかというと、人間に本能があることを認め、
      プロスペクト理論がどういうものなのかを理解しているからです。
      プロスペクト理論を
      「知っているレベル」>「分かるレベル」>「出来るレベル」=「理性でコントロールするレベル」
      とすれば分かりやすいと思います。
      トレードの手法をマスターするのと同じように、
      プロスペクト理論をマスターして「出来るレベル」になれるようにしましょう。

      これは、慣れでもありますが、大事なことは、
      自分はこれが課題であると【意識】して取り組むかどうかです。

      慣れというのは、無意識のレベルの事です。
      無意識に出来ないことが自然と出来るようになることは、絶対にありません。

      無意識レベルで出来るようになるために、意識レベルで出来るようにしていきましょう。

      頑張ってくださいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。