初心者がFXで勝てない理由(本能編2)

こんにちは、監督です。

前回の続きです。
(前回の記事⇒初心者がFXで勝てない理由(本能編1)

前回はトレードで勝つことを邪魔しているのは、『欲と恐怖』で、

その『欲と恐怖』がトレードで具体的に何を引き起こすのかというと、

  • ポジポジ病
  • 躊躇病
  • プロスペクト理論(損大利小)
  • 負けを取り戻すためにロットを上げるなど

があるとお伝えしました。

まず、「ポジポジ病」とはどういうものかというと、

チャートを開いて、

上がりそうだと思うと、ロングエントリーをし、

下がりそうだと思うと、ショートエントリー。

負けた時に、ロングで負けたらから、ショートで取り返しに行ったり、

ショートで負けたから、ロングで取り返しに行く。

15分足で、エントリーが出来無さそうなら、

1分足でエントリーが出来るのかを探し、エントリーをする。

 

要するに、エントリーする事が目的になってしまっているのです。

自分がチャートを見ている間にどこかでエントリー出来る場面が無いのかをひたすら探す。

そして、感情でエントリーを重ねていく病気です。

 

皆さん、経験ありますよね?

私はあります(^^;

その病気の時は2~3時間で10回以上エントリーしていました。

しかも、ほとんど負けます。不思議なくらい負けます。

そして、みるみるうちにお金が減っていきました。

 

では、なぜポジポジ病が起こると思いますか?

それは、『勝ちたいから』です。

勝つ為には、エントリーをしないと勝てない。

そして、負けるとそれを取り戻すためには、エントリーして勝たなければいけない。

しかも、早く取り戻したい。

 

トレーダーの心の中に、こういう感情が動きます。

ほぼほぼ、この理由です。

要するに、勝ちたいという『欲』がトレーダー頭の中を占めているのです。

 

現在もポジポジ病で悩んでいる方もいるかもしれませんが、

克服する為には、このメカニズムを知る必要があります。

では、その解決方法を書いていきますね。

⇒ポジポジ病はこうやれば治る

 

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。