順張りと逆張りは実は同じ?


こんにちは、監督です。

あなたは、順張り派?それとも、逆張り派?

トレードスタイルを考える時には悩む問題ですよね。
でも、実はこれ同じことだったりするんです。

『?』

ですよね(^-^;
それを今から説明していきますね。

まず、このチャートを見て下さい。

15m

 

アップトレンドなので、ここでのショートエントリーは、明らかに逆張りですよね。

では、次のチャート

4h

このチャートの矢印の場面は、ダウントレンドなのでショートエントリーは順張りです。

このように、アップトレンドなら順張りはロング、逆張りはショート。
ダウントレンドなら順張りはショート、逆張りはロングですよね。

ですが、実は、上の2つのチャートの矢印の部分は同じ場所なんです。
上のチャートは15分足、下のチャートは4時間足。

要するに、15分足で逆張りのショートだったのではなく、4時間足の順張りのショートの場面でした。

混乱しますよね(^-^;

ここで大切な事は、自分がどの時間軸で相場を捉えているのかです。
15分足を軸として考えているならば、逆張りです。
でも、4時間足を軸としているならば、順張りです。

この場面が順張り、逆張りどちらが正解というものではなく、
自分の軸があれば、どちらも正解。
そして、軸がなければ、どちらも間違いです。

説明されると簡単な事なんですが、意外に分かっていない事が多いです。
だから、日足のトレンドがアップトレンドで、4時間足がダウントレンド、1時間がダウントレンドのレンジなどと、各時間足でのトレンドがバラバラの時にどっち目線になれば良いのかが分からなくなるんです。
こんな時は自分の軸を信じて目線を固定する。
トレードで勝率100%はないので、目線を固定しても思惑通りにいかない時もあります。
その時は損切りすればだけ。
トータルで勝てれば良いんです。

是非、参考にしてみて下さいね(^^)/

動画も参考にどうぞ。

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

⇒FX初心者りおんさんとは・・・

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。