合成通貨とは


こんにちは、監督です。

今日は、合成通貨について書いていこうと思います。

先日、コンサル生とLINEでやりとりをしている時に合成通貨の話になりました。

で、知っている方と知らない方がいたんですね。

勿論、知らないからダメなわけではないです。

ただ、使えなくても知っておくだけで、得する事もあります。

でも、知っている為に、頭が混乱する可能性もあります。

だから、「知っている。」=「使える。」ではないです。

しかし、相場と言うのはマネーゲームではなく、マネー戦争です。

お金の奪い合いですね。

力のあるものが、力のないものからお金を奪う。

まさに、合法的なカツアゲです(笑)

そこで、自分の身を守ってくれるのは『知識』です。

『知識』のないものは『死』です。

だからこそ、しっかりと自分を守るために、貪欲に学んでいく姿勢が大事なんですね。

前置きが長くなりましたが、合成通貨について話をしていきます。

ただ、今日は簡単な説明だけにしておきますね。

合成通貨と言うのは、

例えるならば、

クロス円と言われるものです。(勿論他にもあります。)

ユーロ円、ポンド円、オージー円など。

その中のユーロ円を解説すると、

ユーロドル × ドル円 = ユーロ円

という事です。

つまり、

ユーロドル↑ × ドル円↑ = ユーロ円↑(上昇幅大)

ユーロドル↓ × ドル円↓ = ユーロ円↓(下落幅大)

ユーロドル↓ × ドル円↑ = ユーロ円(強い方に引っ張られる。もしくは動かない。)

という事は、

合成通貨をトレードする時に、それを構成している通貨のチャートを見るとどちらに行くのが分かる可能性が出てきます。

と言っても、そんなに簡単ではないです。

ただし、損を減らせる可能性があります。

今回話に上がっていたのが、ポンド円なんですが、ポンド円でショートを打つ場所を狙っていました。

ただ、ドル円とポンドドルが上に行きそうだったので、私は多分ポンド円は上に抜けるかもと話していました。

で、上に抜けていきました。

勿論、ただの予想なので、下に行けばついて行くだけです。

でも、知っておけば納得もするし、ちょっとだけ予測が立ちます。

ユーロドルとユーロ円のチャートが似ていて、どちらをエントリーするのかもドル円がどうなっているのかを判断基準にすることもあります。

そして、ドル円とドルストのトレンドが逆の場合は、クロス円には手を出さないという判断もします。

これによって、利益をちょっと多めにしたり、損をちょっと減らしたりする工夫をしています。

勿論、考え過ぎて失敗する事もあります。

しかし、それを考えながら、長年経験を積んでいくと精度も少しずつ良くなってくると思います。

でも、考え過ぎて分からなくなったら、目の前のチャートだけで判断する方が良いでしょう。

自分の今の経験値や技量によって、これをどれくらい使いこなすのかは、異なってくると思います。

ですが、色んな事を知る努力をして、それを使えるように試行錯誤していくという過程が大切です。

一度、この機会に合成通貨について考えて頂けると嬉しいです(^^)/

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。