トレードをする時間帯


今日はトレードをする時間帯について説明をしていきます。

トレードの時間帯は大まかに3つに分かれています。

・東京時間(9時~17時)

・ロンドン時間(18時~26時)

・ニューヨーク時間(23時~7時)
※サマータイムは1時間前倒し

このそれぞれの時間帯に特徴があります。

東京時間・・・基本的にレンジ相場

ロンドン時間・・・東京時間のレンジブレイクからトレンド相場へ

ニューヨーク時間・・・ロンドン時間のトレンド相場の流れから、指標発表により
           新たな流れが出来る。

かなりザックリいうとこういう流れです。

勿論、アベノミクス相場の時は、東京時間でガンガン動いていました。、

ここら辺は、最近どこが話題になっているのかを気にしていれば分かると思います。

ニュースを見るなどして、ある程度のファンダメンタルズは気にした方が良いです。

さて、時間帯によって特徴があるので、自分がどういうトレードスタイルで行くのかに

よってトレードをする時間帯もある程度決まってくると思います。

私のトレードスタイルは、トレンドフォローなので、やはりロンドン時間からニューヨーク時間

にかけてトレードする事が多いです。

東京時間で、トレンドが発生しそうだからトレードしても結局レンジに戻ってしまい、

ポジションを長期保有をしなければならなくなります。

そして、結局ロンドン時間でトレンド発生という流れになります。

やきもきする時間が勿体ないので、もうトレードはほぼしなくなりました。

現在の私のトレード時間は、15時~24時くらいです。

時間帯による特徴を掴んで、トレードの時間を決めることによって無駄なエントリーを

減らすことが出来ますし、これにより不要な負けを減らすことにもなります。

ちょっとしたことですが、この積み重ねが収益を上げていくコツです。

実際に具体的な例があるので、動画にしてみました。

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


トレードをする時間帯」への1件のフィードバック

  1. 私が昨日質問した、AUDJPYの質問に通じるもがありますね。
    時間帯しらべてみましたら、大きく動いたほうがロンドンでした。

    こういうのも意識したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。