なぜ、レンジとトレンドを見分ける必要があるのか?

こんにちは、監督です。

今回は、前回お話しした『相場の状況』を、なぜ見分ける必要があるのか?
について、書いていこうと思います。
(前回の記事⇒FXで勝つ為に必要な○○とは・・・)

前回お話ししたように、
相場の状況とは、下の4つでしたよね。

  • アップトレンド
  • ダウントレンド
  • アップトレンドのレンジ
  • ダウントレンドのレンジ

この4つの相場状況が分かることによって、決定的に変わる事があります。

 

それは、『優位性』です。

例えば、
「アップトレンドは、ショートよりロングの方が勝ち易い。」

これは、ショートよりロングの方に優位性があると言います。

同じように
・ダウントレンドならロングよりショートの方が勝ち易い。
 (優位性:ショート)
・アップトレンドのレンジなら、レンジ下限からのロングが勝ち易い。
 (優位性:ロング)
・ダウントレンドのレンジなら、レンジ上限からのショートが勝ち易い。
 (優位性:ショート)

となります。

つまり、『相場の状況』を知ることによって、『優位性』が分かります。

そして、『優位性』が分かることによって、トレードの戦略が異なってきます。

(勿論、勝っている方の中には、逆張り派の方もいます。
あくまで、優位性があるというだけで、逆張りが勝てないという事ではありません。)

トレードの戦略とは、

例えば、

  • トレンドの出ている時のみに、トレンド方向にエントリーをする。
  • レンジ相場の時のみ、レンジ上限下限でエントリーする。
  • ショートが勝ち易いので、ダウントレンド、ダウントレンドのレンジ上限のみでエントリーする。

などなどです。

では、どうやって自分にあった戦略を決めれば良いのでしょうか?

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒トレードスタイルを決める5項目とは・・・

 

PS.
FX初心者りおんさんがわずか1ヶ月で勝てるようになった手法を知りたくありませんか?
今ならその手法を無料公開中です。

無料メールFX講座

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。