勝とうと思うと、勝てない。

こんにちは、監督です。

最近の相場はボラが高くなっていて、とても面白いです。

こういう時に自分の軸があればドーンと勝てますが、
なければ振り回されて一気にドーンとやられます。

ではなぜ、振り回されるんでしょうか。

それは、感情でトレードをしているからです。

『勝ちたい!!このボラが高い時に一気に勝ちまくるんだ!!!』

って、多分思っちゃってるんです。

欲の塊です。

こうなると、チャートは自分の都合の良いように見えます。

で、大陽線出たら、『買いだ!!』

ロスカットになれば、『そうか、これは騙しで、売りだ!!』

これで往復ビンタの完成です。

ドMの方なら、トリプルビンタ行きですね。

こうなると、絶対に勝てないですよね。

トレードは勝率50%のはずなのに、100%外れる。

本当に相場って不思議です。

 

で、今日の表題の

『勝とうと思うと、勝てない。』

ということになります。

けど、勝ってる人達も、勝とうと思っているんじゃないの?

って思われると思いますが、ちょっと違うんです。

常勝の方は

『負けないようにトレードする。』

 

「は?」

ですよね。

 何が違うのか簡単に言うと、

勝ちたい。=欲

負けない。=思考

 

要するに、

勝ちたいと思っている人は、

『今、俺がチャートを見ているこの時間に、どこでエントリー出来るんだ?』

『どこだ?どこだ?』

『あった~。』

『ぽちっ。エントリー。』

『ああ~、損切。』

『取り返せるところはどこだ?どこだ?どこだ?』

『あった~。』

『ぽちっ。エントリー。』

『あああああああ~、損切。』

っていうパターンです。

 

で、負けないようにするとどうなるのか。

『さて、今の相場の状況は?どこが優位性の高いポイントかな?』

『よし、決まった。ここに価格がきて、こういう風になればエントリーしよう。
でも、入れる形にならなかったらスルーしよっと。

『お、来た来た。入れる形になるかな?』

(エントリーしない場合)
『あ、入れる形にならなかった。しゃーないな。次のプラン立てよ。
(エントリー出来た場合)
『よし来た。入れる形になった。ぽちっ。エントリー。』

(損切の場合)
『ああ、損切か。仕方ないな。次のプラン立てよ。
(利確の場合)
『よし!勝った。じゃあ、次のプラン立てよ。

こんな感じです。

違い分かりました?

感情トレードと思考トレードの違いです。

常勝の人も利確になれば嬉しいし、損切にあえば悲しいです。
でも、負けたからと言って、じゃあド転とかにはならないんです。
勿論、最初からそのプランがある時は打ちます。
でも、プランになければ打ちません。

トレードが難しいのは、欲と感情があるからなんです。

でも、トレードする=お金が欲しいからなので、トレードをしている以上、
欲は誰でもあるんですが、それをどうコントロールするのかが重要になってきます。

環境認識もしない、トレードプランも立てない、エントリータイミング、利確、損切、資金管理の明確なルールもないのに、リアルトレードでロット上げている人いませんか?

それこそが、勝ちたいと思ってトレードする典型的な人達です。

でも、相場はゼロサムゲームなので、こういう人達がいないと勝てないんですが(^^;

皆さんはどちらの側に立ちたいですか?

 

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


勝とうと思うと、勝てない。」への6件のフィードバック

  1. 監督さん、こんにちは
    ランキングおめでとうございます。
    前回の打つ場所ありがとうございます!

    エントリーパターンっていうのは、
    パターンなので比較的、簡単に覚えれると思うのですが

    監督さんがあげている、打つ場所は裁量になってくるのかな?
    検証していても、ラインが都合になってしまうのは
    この辺りが感性だからなのかな?

    たとえば、同じチャートをみて
    ラインを引いてくださいとなったらば
    何回やっても、同じ所に線がひけるものなのでしょうか

    前回の動画でちょっと おぉ!ってなりましたのが
    買い青 売り赤 は常に隣り合わせになっているわけではないのですね。
    ・買いと売りが離れていたり
    ・売りしかいなかったり 
    http://www.fastpic.jp/images.php?file=4991281830.png

    売りを抜けたら買いだと思っていただけに・・・ ふむ。。。

    1. けんたろうさん、こんにちは。
      エントリータイミングは裁量ですが、エントリーポイントは比較的勝っているトレーダーはほぼ同じところです。
      わたしも、いろいろ他のブログをチェックしていると、ほとんど同じようなポイントでトレードしていました。
      ただし、手法が違うので、エントリータイミングが異なる。利確が異なる。ST位置も異なる。
      というイメージです。

      あと、ラインを引く意味が分かっていないと、ただのラインになります。
      もっと言えば、本来はラインではなくゾーンだと思っています。
      ゾーンを引くと面倒なのでラインにしているだけです。
      売りと買いが離れている画像、あれがまさにゾーンという考え方です。
      本当はすべてのラインがゾーンというイメージで思っていて下さい。

      よくある質問で、ラインは髭の先端と、実体のどちらに引いたら良いのですか?というものがあります。
      答えは、「分からない。」です。
      要するに正解がないので、どっちでも良いんです。
      だから、分からないから、髭の先端にもライン、実体にもラインを引く。
      そうすれば、必然的にゾーンになります。
      まず、これをイメージして、なぜラインを引くのかというのを考えて下さい。

      ダウ理論で上昇トレンドの場合、4点目を付けて上昇トレンドが確定したとしましょう。
      では、その押し目(5点目)はどこに来るのか?を検討をつけないといけないですよね。
      その候補となりそうなところがラインを引くところです。
      もちろん、ダウントレンドやレンジも同じ考えです。

      ただ単純に、いっぱい止まっているところでラインを引くのも最初は良いのですが、
      やはり、上記のような考え方でラインを引くともっと精度の高いラインが引けます。

      ちなみに、同じチャートで何度やってもほぼ同じところでラインは引けます。
      なぜなら、上記のような考えのもとで引いているので、ほぼ一緒です。
      私は毎週末にトレードプランを作っていますが、白紙の状態からラインをいつも引いています。
      1週間でチャートの形が変わっていると若干引くラインの位置が変わっていますが、ほぼ変わっていないと思います。

      精度の高いラインが引けるようになる為には、まずラインを引く目的を明確にすること。
      そして、とにかく引いてみる。
      それから、リアルでそのラインが意識されたのかされていないのかを確認する。
      意識されていないのであれば、なぜされなかったのかを考える。
      そして、また引いてみる。

      この作業を繰り返してください。
      とにかく、トライアンドエラーです。

      そうすれば、必ず引けるようになります。
      これは、やれば100人中、ほぼ100人出来るようになると思います。

      頑張って下さい(^^)

  2. 監督

    ブログランキング2位とか3位とか上位ですね。
    おめでとうございます。
    自分ができることは勝ててない人間ならではの悩みを提供して記事にしてもらったり、
    読者さんが気付きを得られるようなコメントして盛り上げていきたいです。

    今回のブログの話ですが
    人は使った時間に対して対価を求めるのでしょうね。
    チャートをみることが労働とするとそれに対する対価ということになるのでしょうか
    特に限られた時間の中でしかトレードできない人は本当注意するべきだと
    自分に言い聞かせました。

    自分もまだまだですが、それには自分自身のエントリールールを
    作ることが一番大切に思いました。
    特にボラが低いときのエントリーは自分のルールがしっかりある人のみやるものだと思っています。

    水平線の件で聞きたかったのですが
    この水平線は効かなくなったなと判断する基準はどうされてるのでしょうか?

    過去に効いていて直近で全くとまらない場合というのはよくあるパターンですよね。自分はどんな基準で消せばいいのかしっかりとした基準をもてないでいます。

    なにかアドバイスいただけたらうれしいです。

    よろしくお願いします。

    1. りおんさん、こんにちは。
      積極的なコメントありがとうございます(^^)

      限られた時間しかない方はかなり多くの人がいると思います。
      ほとんどの方は働いている中で、もっと稼ぎたいという理由でトレードしているはずなので、
      なけなしの時間をトレードに費やしている感じだと思います。

      りおんさんが言っているように、だからエントリーしてしまうんですね。
      根拠をねつ造して入ってしまう。
      もしくは、出来るだけ短い足で入ろうとする。

      本当ならば時間がないなら、余計に大きな足にしなければいけないのですが、
      稼ぎたいという気持ちからエントリーしたい。
      エントリー出来る根拠を短時間で見つけるには短期足をみれば見つかる。
      という思考になります。

      4時間足、日足はじれったいですしね。
      稼げるイメージが湧かないんでしょうね。

      上記の理由はすべて自分の都合でトレードをしようとしています。
      この時点で勝ち続ける事が出来ないのが確定です。
      勿論、単発では勝つときがあるので、それが余計に分からなくなっちゃうんでしょうね。
      パチンコと同じですね。

      その点、パチプロなんかはトレーダーと思考は似ているので、トレードすれば勝ちやすいと思います。

      話はずれましたね。
      効かなくなった水平線をいつ消すのかですが、
      その水平線が効かなくなったのを確認して、ローソク足がその水平線を何度もまたぐようになったら消すようにしています。

      言葉で書くと理解しにくいとは思いますが、このラインは効いてないという感覚は分かるようになると思います。
      私もそんなに意識して消していませんが、単純に効いてないなと思ったら消す。
      そんな感覚です。

      回答になったのかどうかは、分かりませんが、注意深くチャートを見ていて効いてなさそうなのは分かってきますので、安心して下さい。

      では、頑張って下さい(^^)/

  3. こんにちわー 監督!

    “勝ちたい(獲りたい)” 気持ちが強すぎると、
    本来のルールを拡大解釈しはじめ、こじつけてしまい
    いつしか欲が主体のトレードになり、アレもコレもみたいな(笑)
    曲がりなりにも勝ってしまうと タチが悪い。
    根治治療が必要になります。

    最近は、『 良いトレードのみ行う 』 と記載したカードを横に置き
    トレードしてます。 
    チャートも落ち着いて見れるようになり
    自分のパターンでないならスルー出来るようになってきました。

    自分の欲や感情が、わざわざトレードをむづかしくしてるんですよね。

    1. とっちーさん、こんにちは。
      早速見に来て頂いてありがとうございます(^^)

      カードを横に置く作戦も良いですね。

      私は、いつも心の中で『ルール通り、ルール通り、ルール通り・・・』
      と念仏を唱えています。

      自分のパターンでないときに、自然にスルー出来るようになると凄く楽になりますよね(^^)

      流石です。

      お互いに頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。